映画祭概要

 年で10回目となる日藝生企画・運営の映画祭。

 

 2020年、武漢から始まった新型コロナウィルスの感染拡大、香港の国家安全維持法の施行など、中国が世界各地でニュースにならない日はありませんでした。また、南シナ海の領有権をめぐる問題や米中関係の悪化尖閣諸島問題など、日本の周辺で起こる問題にどれも改善の兆しはなく、迫り来る中国の脅威に、私たちは漠然と恐怖を抱いていました。

 

 私たちは、中国について、日中関係について、あまりにも何も知りません。恐怖に立ち向かうには、まずは「知る」ことが必要です。映画を学ぶ学生として、映画を通して中国や日中関係を見つめ直す、この映画祭を企画するに至りました。

 

映画には、様々な中国の姿が映し出されます。日中戦争の実態を映した亀井文夫の当時の記録映画2作や、南京事件をドイツの視点から描いたフローリアン・ガレンベルガー『ジョン・ラーべ〜南京のシンドラー〜』(2009)、 佐藤純彌、段吉順共同監督の日中合作映画『未完の対局』(1982)といった日中戦争を扱った映画を通して、目を背けてはいけない過去の侵略戦争の問題に向き合います。

 

 また、中国を「知る」ために欠かせないのが香港や台湾の存在です。日本統治時代の台湾の残滓を映し出したホアン・ミンチェン『湾生回家』(2015)、香港の雨傘運動に迫ったチャン・ジーウン『乱世備忘 僕らの雨傘運動』(2016)などを上映します。他にも、中華圏の監督が日本で製作した作品や、在日中国人にスポットを当てた作品など、様々な切り口を通して、中国から見た日本の姿を浮き彫りにします。

 

 隣国であるにも関わらず、私たちにとって中国は遠い存在でありました。本映画祭で上映する作品を通して、観客の方々と共に、中国をより近い存在として感じていきたいと想います。それが中国への理解を深める上での、第一歩になると信じて…。

過去の映画祭

私たちは、過去10年にわたり、映画祭を開催してきました。

下記は、第1回からのチラシデータの閲覧リンクです。

ダウンロードに際しましては、著作権法の定めるところによる私的利用の範囲に留めてください。

 第3回

『監督、映画は学べますか?』

https://drive.google.com/file/d/1Hv1W7eJWily_WJMXTLnWbRKQMpBdPH2U/view?usp=sharing

 第5回

『ニッポン・マイノリティ映画祭』

https://drive.google.com/file/d/1ZafQABuCb5gQXoW5gVrx-XsnyCWcYtw_/view?usp=sharing

主  催:日本大学芸術学部映画学科映像表現・理論コース3年「映画ビジネスⅣ」ゼミ/

     ユーロスペース

上映協力:アップリンク/太秦/きろくびと/国立映画アーカイブ/松竹/染野企業電影工作室/

     東宝/東北新社/南京・史実を守る映画祭実行委員会/日本ドキュメントフィルム/柳町光男/蓮ユニバース/Beta Film

主  催:日本大学芸術学部映画学科映像表現・理論コース3年

     「映画ビジネスⅣ」ゼミ/ユーロスペース

上映協力:アップリンク/太秦/きろくびと/国立映画アーカイブ/松竹/

     染野企業電影工作室/東宝/東北新社/南京・史実を守る映画祭実行委員会/

     日本ドキュメントフィルム/柳町光男/蓮ユニバース/Beta Film

主  催:日本大学芸術学部映画学科映像表現・理論コース3年

     「映画ビジネスⅣ」ゼミ/

     ユーロスペース

上映協力:アップリンク/太秦/きろくびと/国立映画アーカイブ/松竹/

     染野企業電影工作室/東宝/東北新社/南京・史実を守る映画祭実行委員会/

     日本ドキュメントフィルム/柳町光男/蓮ユニバース/Beta Film

主  催:日本大学芸術学部映画学科

     映像表現・理論コース3年

     「映画ビジネスⅣ」ゼミ/

     ユーロスペース

上映協力:アップリンク/太秦/きろくびと/国立映画アーカイブ/松竹/

     染野企業電影工作室/東宝/東北新社/南京・史実を守る映画祭実行委員会/

     日本ドキュメントフィルム/柳町光男/蓮ユニバース/Beta Film