おれについてこい!

監督:堀川弘通
1965年/日本/35mm/107分/配給:東宝

1964年東京オリンピックでバレーボール全日本女子の監督を務めて金メダルに導き、“鬼の大松”と呼ばれた大松博文の著書が原作。
9人制バレーを長らく採用してきた日本が、6人制バレーで世界に勝つことは不可能だと思われていた。しかし1960年、日本は6人制採用からわずか2年で世界2位になる。“回転サーブ”の特訓を受けた“東洋の魔女”こと日本代表が強豪・ソ連と戦い、世界選手権、東京オリンピックと制覇する。